《スキンケアコラム》 “あせも”予防にも使える化粧水
2021 / 09 / 15 ( Wed )
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
08 : 19 : 59 | 会員様限定 | page top
《番頭コラム》 手元にある安心と大切さ
2021 / 09 / 10 ( Fri )
r03083101.jpg
 お盆の大雨の際の事です。 実家の北九州は記録的な大雨で大混乱でした。 幸い実家の方は無事だったのですが、その最中に父親が発熱していると連絡が。 
 37.5度と微妙な体温ですが、今年二回メスを入れており、県内の感染状況も急に悪化している状況、しかも大 雨で外出も困難と難題が山積。 さてどうするか?

≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 17 : 56 | 番頭コラム | page top
《番頭コラム》 手元にある安心と大切さ【会員限定版】
2021 / 09 / 10 ( Fri )
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
08 : 08 : 29 | 会員様限定 | page top
久々の晴れ日和です
2021 / 09 / 09 ( Thu )
r03090901.jpg
 最近はゲリラ豪雨の様な突発的な雨やぐずついた天候の日が続いていましたが、今朝は気持ちいいくらいに晴れましたね。 また、これだけ晴れていてもあまり暑さを感じないところをみると、徐々に季節は秋へと移り変わって来ているのだと実感します。
 季節の変わり目は体が動き出す時期です。 それに伴い自律神経や免疫が不安定になり易い時期でもあります。 アレルギーの様な症状が出たり、気力が落ち込んでしまうなどの相談も増えてきました。 相談するだけでも楽になると思います。 是非ご来店ください。

 店頭でのご相談は、日曜祝日を除く9:00~18:30まで、いつでも受け付けております。(ご予約を頂いた方がスムーズにご案内できます。)
℡(0766)52-6125

 また、HPからのご相談も承っております。 
 ご相談フォームはこちら⇒『ほしの薬局ご相談/問い合わせフォーム』
QRコード↓
QR ご相談 問い合わせ
09 : 37 : 00 | ほしの薬局のつぶやき | page top
《お客様の声》 【松寿仙】や【PWS水】で上手にケアを
2021 / 09 / 07 ( Tue )
r03053003.jpg
 暑い日が続き「いつもより集中力がないな・・・」と感じる時、なんとなくだるくて「はぁー」とため息が出る時、水分補給に松寿仙をPWS水で薄めて飲むと頭からスッキリ、胸周りもスーッとして体がさわやかなになるのを今年の夏は体感しました。
 飲むと調子がよいので1日3~4回位飲んでいました。 暑さで悪くなってた血流が良くなったのだと思います。 もうひとつ、面白いお話がありました。 1ヵ月ほど経って生え際の白髪の伸びが気になっていたのに「そう言えばカラーリンスしなくてもまだ大丈夫だ、いつもならもう染めてるのに」との事でした。 どうして?と気になった方はお気軽にお問い合わせください。

※個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。
08 : 05 : 36 | お客様の声 | page top
《子宝・子育て》 “幸せホルモン”でこの時代を乗り越えよう!
2021 / 09 / 06 ( Mon )
r02112902.jpg
~ “幸せホルモン”のひとつが『オキシトシン』です ~
 人間の脳は様々なホルモンや神経伝達物質を分泌しており、中にはこころのバランスに大きな影響を与えるものがあります。
 その一つに『オキシトシン』というホルモンがあり、愛情や信頼感に関わる脳内ホルモンです。
 出産直後に、生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんの胸にしばらく抱くと、お母さんからオキシトシンが分泌され、母子の心身のつながりと共に子供にとっても母の胸に抱かれる事は精神面で大きな役割を担っていることが証明されています。(カンガルーケア)  子供の頃に抱きしめられた記憶は、心の奥のどこかに残っています。

≪続きはこちら≫
08 : 45 : 35 | 子宝・子育てあれこれ | page top
《子宝・子育て》 “幸せホルモン”でこの時代を乗り越えよう! 【会員限定版】
2021 / 09 / 06 ( Mon )
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
08 : 40 : 41 | 会員様限定 | page top
《漢方の知恵》 自然免疫の向上が突破口となるでしょう
2021 / 09 / 04 ( Sat )
r03032903.jpg
~ “正気”(せいき)を高める事が何よりも大切です ~
  ウイルス・細菌学の専門家によると、現在まではウイルスや細菌の感染力が強くなると反比例して死亡率が低くなることが確認されています。 もしそうならない場合は二つの理由が考えられます。
ひとつは人工的に生物界では起こらない事を遺伝子に組み込んだ場合。 もうひとつは現代人が薬に頼り過ぎて実質的な生体防御力(免疫力)がかなり落ちている事が考えられます。 それに加えて食品添加物や電磁波など、免疫をかく乱させるものも増えています。
 漢方ではこの生体防御力(免疫力)の事を“正気”と言います。 加齢や不摂生で低下するので、発病を予防するにはこの“正気”を高める事が最重要です。 大学の研究医たちも、結局「免疫を高めるしかないな」と言っています。 漢方の治療・養生法は邪気(病原体)を攻めながら、同時に“正気”を高める事をしているので、免疫異常や免疫枯渇が起こりにくく、発熱しても短時間で回復する例が多いようです。 救命医療は専門医に任せるとして、正しい養生法を行い重症化の確率を下げる事が重要だと思います。
08 : 40 : 58 | 漢方の知恵 | page top
《リスブラン》コサージュVol.21
2021 / 09 / 03 ( Fri )
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
08 : 34 : 44 | ほしの薬局のつぶやき | page top
《ほしの薬局健康情報冊子》2021年9月号
2021 / 09 / 02 ( Thu )
r0309s (2)
↑今月の健康情報冊子(会員様限定公開)
 今月の《ほしの薬局健康情報冊子》は【ルミンA】(400錠)キャンペーン”の案内などを掲載しております。

※注意事項
■このページで公開されている情報は【会員様限定】の情報になります。
 他での公表はお控えください。
■期間限定公開のページである為、期限が来ると内容の閲覧が出来なくなります。
 予めご了承ください。
■冊子の全内容を閲覧する為にはパスワードが必要です。 パスワードは毎月発行されている【ほしの薬局健康情報冊子】内に記載されております。 詳しくは店頭、またはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
08 : 38 : 22 | 健康情報 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>