《子宝・子育て》 『小さく産んで大きく育てる』は間違い?
2022 / 10 / 02 ( Sun )
r02110205.jpg
~ 近年、出生体重が減少している! ~
 日本では赤ちゃんの出生時体重が減少傾向にあり、2500g以下の低体重児も過去40年間で2倍に増加している事が問題視されています。 お母さんに妊娠高血圧症候群などの合併症があり胎盤から栄養が上手く供給されなかったなどの病態もありますが、不妊治療や高齢出産が増えた事で様々なリスクが高まり出生体重が減少した可能性も指摘されています。

≪続きはこちら≫
10 : 31 : 20 | 子宝・子育てあれこれ | page top
| ホーム |