《子宝・子育て》 ~ 生命の神秘とバイオリンクの魅力 ~
2020 / 06 / 01 ( Mon )
 生命(いのち)の神秘は、人間の場合、父親の体内から母親の胎内に数億個の精子が送り込まれた瞬間から始まります。 母親のたった1個の卵子を目指して数億個の精子が死に物狂いの競争を繰り広げ、たった1個の精子が卵子に潜り込んで受精は完了します。 1個の受精卵は、2つに分かれ4つになり8つになって母親の子宮に潜り込み(着床)、その胎内に38~40週間いるうちに細胞が数兆個にも 増えて人間の形になり「オギャー」と産声を上げます。 この間、母親 の胎内では、壮大な規模で生命のドラマが繰り広げられています。

続きはコチラ→【会員様限定ページ】
09 : 49 : 20 | 子宝・子育てあれこれ | page top
| ホーム |