リスブランの工場研修
2019 / 11 / 07 ( Thu )
初のリスブランの工場研修へ行ってきました。
r01110703.jpg
長年の夢でもあった、山梨工場♪は前日からワクワク感がとまらず、夜中の2時半、3時半、4時半に目覚めて、起きました。
寒いかな?山梨、と思いながら何を着ていこうか、服装の話しばかり。

6時半、富山出発しました。朝焼け、紅葉も少しずつ山に向かうとキレイに見えてきます。
八ヶ岳が見えてきました。山はくっきり、そのうち富士山が。 日本平より近く見える!と思ったのは、私だけでしょうか?

北杜市は、「名水の里」と呼ばれる地域だけあって、自然がいっぱい。
りんご畑、川、ぶどう畑、物語に出てきそうな風景が、とても素敵です。 この自然な情景、絵に描いてみた-いと思いました。

10時に山梨工場へ到着、おおきな欅の木があります。
r01110704.jpg
高鳴る気持ちを抑えながら、営業部長さん、工場長さん、営業さんにお出迎え頂きました。、ドキドキしながらリスブラン本社の玄関へ。
玄関に入ると、40年の歴史、八ヶ岳南麓、自社工場のポリシ-が飾られていました。
応接室で改めて自己紹介をしてから、工場内の説明へ。
r01110708.jpg

なんと!!防護服を着ての、説明でした。
r01110709.jpg
殺菌消毒をして、工場長からの説明です。
衛生管理、計測、湿度、重量、細かく細かく正確に確実に、品質管理がされています。機械の洗浄、分解に至っても徹底管理です。
工場長の熱い心が言葉に伝わってきます。
r01110712.jpg
r01110713.jpg
r01110710.jpg
工程から出荷までの一連の流れを、この目に焼き付けてきました。

休日ですが、目の前にスタッフさんがいらっしゃるように思えました。
ひとつひとつ丁寧な商品作りで、気持ちのこもった作業や、スタッフさんの細やかな動作が見えました。
r01110715.jpg

倉庫内、棚を見上げていました。きちんと管理されている倉庫内は、自動で商品が卸されます。
r01110714.jpg
富山に出荷されるリスブラン商品がいとおしく思えてきました。
工場から山道にゆられて行く光景が想像できました。

発注、受注、出荷、荷受、棚への陳列がいろんな人の手で届いている事、あったかい気持ちです。 サンプルも手作業だそうです。
スタッフみなさんの一生懸命が、伝わり熱くなりました。
山梨の新鮮な空気が欲しい方、声かけてください。 これも、工場で作っておられます。
移動時間がなく、この後食事会になりますが、その話は また直接お話しします。

さらに三分一湧水へ。紅葉もキレイ!
r01110717.jpg
お水が湧き出ている場所は、均等に3方向に流れている。
この御影石は、歴史を物語っています。 昔の人はすごい。すごいしか言葉が出てきません。
自然豊かな日本に生まれてよかった。だからこそ大切にしたい資源でもあります。
お水にこだわるリスブラン化粧品に出会えて感謝します。
そして、自信を持ってお使いいただきたいです。

r01110716.jpg
次回は、お客様と一緒に行くのが夢になりました。


(lis miyako)
16 : 33 : 42 | スキンケア | page top
| ホーム |