健康情報11月号
2018 / 11 / 01 ( Thu )
赤く色づいた木々に秋の深まりを感じます。紅葉は、最低気温が8度以下で昼と夜
の寒暖差が大きければ大きいほど綺麗に色づき、今年の様に猛暑で夏の暑さが激し
かった年は、紅葉の色付きが鮮やかなことが多いそうですから、楽しみですね。
 落葉樹が黄色や赤色になるのは、葉っぱを落として樹木が寒い冬に耐える為の
「冬支度」です。 私達も自然に習い、体の冬支度を始めましょう!!
 体の冬支度に一番大切なのは、血液・血管改革です。冷えの予防、血液の巡りを
良くする事です。そして、風邪・ウイルス対策=体の防衛力を高めましょう!
毎日の「松寿仙」や「ルミンA・バイオリンク・カルシウム」をお役立て下さい。
 さて、11月14日は世界糖尿病デーです。全国で様々な啓蒙活動やライトアップが
されるようです。5人に1人が糖尿病及び予備軍と言われ、重症化して失明・足の切断・
人工透析する人が年々増加しています。又、脳梗塞・狭心症・アルツハイマーになる
リスクも高くなると言われています。糖尿病は、血糖コントロールも大切ですが、
糖尿病が引き起こす上記のような合併症にならない様に積極的な合併症の予防が
何よりも重要です。糖尿病の合併症予防こそ、血液・血管改革と言えます。食事や
生活習慣と共に血液・血管改革の大切さを見直す機会になれば幸いです。
09 : 16 : 24 | 健康情報 | page top
| ホーム |