《健康情報》
2017 / 04 / 25 ( Tue )
先日、漢方薬の研究会で「子宝相談」の講演依頼を頂き、行ってきました。
大勢の人の前でお話するのは、何度経験しても、緊張します。
私が日頃カウンセリングで皆さんにお伝えしている「マイナス2歳からの体づくり」に
ついてお話ししてきました。
生まれたばかりの赤ちゃんは0歳。お腹の中にいる時がマイナス1歳。妊娠前の体が
「マイナス2歳」です。漢方では、両親から受け継いだ「先天の気」と生まれてからの
環境・食生活・心の持ち方で作られていく「後天の気」があり、それを合わせた力が
その人の生命力(エネルギー)という考え方があります。
一般的に漢方相談では、胎児期に両親から授かった「先天の気」は、どうしようもできないので、
食生活や生活習慣を見直し、心の持ち方を工夫し、漢方薬で「後天の気」を高めて、
体質を改善し元気に過ごしましょうと健康指導します。
子宝相談「マイナス2歳からの体づくり」では、妊娠する前から、お母さんが体づくりを
していく事で(お母さんにとっては後天の気ですが)子宮の環境もよくなり、赤ちゃんが
授かりやすい体づくりだけでなく、これから授かる「赤ちゃんの先天の気」を高めてい
く事もできるとお話してきました。実際、巡り合った赤ちゃんは、お肌もきれいで
すくすく元氣に成長されています。
12 : 01 : 42 | 健康情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |