《健康情報》遺伝子が目覚めれば、人生が変わる~村上和雄~
2014 / 11 / 28 ( Fri )
以前より、一度ご講演を拝聴したいと思っていた筑波大学名誉教授で遺伝子研究を
されている村上和雄先生の講演を聴いてきました。
私達の体は、60兆個の細胞の集合体で、その一つ一つに32億もの遺伝子情報を持って
います。遺伝子は生き物を形づくり、生命を維持する為の設計図で、その基本情報は
地球上に存在する植物も含めた全生物・皆、同じで 研究を深めれば深める程、この
遺伝子の設計図は、誰が創ったのだろうと思われたそうです。そして、何が遺伝子に
指令を与え細胞を動かしているのか…?目に見える自然もあるが目に見えない自然
(サムシング・グレード)そんな力に私達は「生かされている」と遺伝子工学で世界を
リードされている村上先生は話されました。そして、その遺伝子は環境や心使いに
よってONになったりOFFになったりするというお話でした。先生の著書には、良い
遺伝子を目覚めさせる為に①どんな時も明るく前向きに考える②思い切って今の
環境を変えてみる③人との出会い、機会との遭遇を大切にする④感動する⑤感謝
する⑥世のため、人のためを考えて生きる。そして、先の事を心配せず、目の前の
ことに一生懸命になれる素直さが更に遺伝子にスイッチONすると書かれています
遺伝子をスイッチONにして生きていきたいですね。
13 : 35 : 54 | 健康情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |