《健康情報コラム》 毎日手軽にできる“備え”
2023 / 05 / 26 ( Fri )
r05042703.jpg

■ マクロファージの働き
 マクロファージは、侵入してきた外敵(ウイルスetc.)を食べ、その情報を他の免疫細胞に通報する役割を持っている“免疫システムの要”です。
 また、古くなった細胞を壊して掃除をし、新たな細胞が生まれる土台を整備する役割もあります。 ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 33 : 00 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 一日の始まりを快適に過す為に
2023 / 05 / 19 ( Fri )
r03072803.jpg

■ 「何となく体が気怠い」は酸欠のサイン
 過ごし易い季節になり、陽も長くなって一日の活動量が増えたかと思います。 その一方で、急な活動量の増加に体が追い付かず、慢性的な酸素供給不足になっているかもしれません。 特に心肺機能が低下している方や低血圧の方、貧血の方にその傾向があります。 ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 12 : 01 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 クロレラの持つ生命力がカギです
2023 / 05 / 12 ( Fri )
r05042702.jpg
  今年もお店の花壇には大きく見事なチューリップが咲きました。 ここ数年、この時期になるとチューリップの話題をお伝えしていますが、植え始めてから9年目(9世代)になるのに、毎年大きな花をつけるのは本当に驚くべき事だと思います。 ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 35 : 44 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 春は自律神経のケアが必要です
2023 / 04 / 21 ( Fri )
r04072802.jpg
■ 自律神経の安定化に必要なもの
 神経伝達のネットワークは非常に複雑で、少しでも遅れると自律神経の乱れや不調の原因となってしまいます。 伝達を円滑に行うには、血中のカルシウムが必要不可欠なのですが、春は気候や生活環境の変化によって自律神経への負担が増え、カルシウムの消費量が増大します。 ≪続きは会員限定ページにて≫ 
08 : 53 : 48 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 酸素を運ぶ力
2023 / 04 / 14 ( Fri )
r03072802.jpg
■ 酸欠になり易い“春”を快適に過ごす為に
 暖かくなり体が緩む春は、酸素の要求量が増大し酸欠が起こり易くなります。 これが眠気やだるさ、心の不安定、様々な痛みなどの原因となるのですが、しっかりPO2を上げる事でこの時期も快適に過ごせます。 ≪続きは会員限定ページにて≫ 
08 : 48 : 01 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 現代はチクゴ株クロレラが必要です
2023 / 04 / 07 ( Fri )
r03103103.jpg
■ 日々の食事が大切です
 過ごしやすい春は体を作る季節です。 冬から春へと体を早く順応させ、更に体に余力を持たせるには、日々の食事が最も大切です。
 食べる事は生きる上での基本です。 食べた物が新たに体を作り換え日々の生命活動を行う源になります。 ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 42 : 56 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 花粉症、ハイシーズンの前にすべき事
2023 / 03 / 17 ( Fri )
r03013008.jpg
■ 自然免疫を安定させる事が重要です!
 ニュースで“今年のスギ花粉は非常に多い”と報道されていました。 昨今、症状を抑える手段は充実してきましたが、抑えるだけでは根本的な解決にはならないので、花粉アレルギーをお持ちの方は憂鬱ですね。 ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 56 : 51 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 体の隅々まで酸素を届けよう
2023 / 03 / 10 ( Fri )
r02122901.jpg
■ 体が酸欠になると...
 酸欠をイメージしやすい状態として良く例に挙げるのが高山病です。
 標高が高くなると頭痛や息切れなどで体調を崩す事がありますが、これは空気中に含まれる酸素が薄くなるからです。 では、なぜ? 空気中の酸素が薄くなると酸欠になるのでしょう...! ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 22 : 25 | 健康情報コラム | page top
《健康情報コラム》 現代人の救世主“チクゴ株クロレラ”
2023 / 03 / 03 ( Fri )
r03103103.jpg
■ 食と生活習慣の見直しが生み出すもの
 『食の改善(チクゴ株クロレラを食べる)と、体操を取り入れる事で人はどの様に変わるであろうか?』 この様な試みが今から40年ほど前に老人ホームで実際に行われました。 さて、その結果は?! ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 13 : 30 | 健康情報コラム | page top
《番頭コラム》 手足の荒れにスクアレンの外用を
2023 / 02 / 17 ( Fri )
r04013002.jpg
 冷房は快適ですが自律神経にはなかなか過酷です。 気温差のある環境で長時間過ごすので調節機構である自律神経は忙しく働く必要があります。 この影響で自律神経が不安定になり体調へ影響を及ぼすこともしばしば。 この様な恒常性を維持する機構をしっかり働かせるためにカルシウムは必須です... ≪続きは会員限定ページにて≫
08 : 43 : 58 | 健康情報コラム | page top
| ホーム | 次のページ>>