《お客様の声》600近くだったγ-GTPが 81まで下がってきました!
2014 / 09 / 01 ( Mon )
アルコール性肝炎でγ-GTPが600近くになり、ドクターから、飲酒を禁止されました。
ドクターストップがかかっても「大好きなビールは止められない。量を減らす努力をする
から、飲みながら改善する方法はないか?」と相談しました。肝硬変などにならない様
にする事を目標に肝血流を改善する事と肝臓の働きを応援する事を考えようと紹介され
た「松寿仙」と「バ〇ン〇ター」を続ける事にしました。毎日1.5リットル飲んでいた
ビールも徐々に減らすことができ、γ-GTPが600→230→214→104と徐々に下がっ
てきました。ドクターには2ケタになったらいいと言われていて、4年経った今年5月に、
ようやく81まで下がってきました。今は、500mlのビール1缶で満足できるようになり
健康に少し自信が持てるようになりました。継続こそ力なりと言いますが、本当にしっかり
続ける事で結果がでて嬉しく思っています。
14 : 45 : 07 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》脊柱管狭窄症でカルビタ療法を続けています。
2014 / 06 / 30 ( Mon )
脊柱管狭窄症と診断され、腰の痛みと足のしびれで困っていました。
台所に立つ事もままならず、食生活も乱れていました。
基礎薬として「カ〇〇タ療法」を奨められました。
痛みにも効果があると聞き、初めの内は、1日3回位は飲みました。
数か月続けているうち、痛みがゼロとは言えませんが、少し家の事をしようかという気に
なってきました。
いくらカ〇〇タでカルシウムとアミノ酸を摂っているといえ、毎日の食事がいかに大切か
お店に来る度聞き、おかげ様で少しずつ料理もできるようになってきました。
カ〇〇タを続けながら、少し運動もして脊柱管狭窄症とどう付き合い、症状を悪化させない
ようにするかを目標に過ごそうと思います。
痛み止めやビタミン剤だけを飲んでいた時より身体にも自信がついてきた事と、
ホシノでいろいろ話している中で励まされたり、気付いたりした事が一番大きな支えに
なっています。
17 : 51 : 43 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》愛娘は、バイオリンク大好きっ子!!
2014 / 05 / 24 ( Sat )
1歳4ヶ月になる娘がバイオリンクの瓶を振る音で振り向き、走ってきます。
自分で瓶を見つけると持って来たり、取れなければ指差します。
 バイオリンクの瓶のフタを開けると座り、バイオリンク粒を口に入れながら
頭を下げて「あんと~」ってします。最近では、歯も出てきて噛む事ができるよう
になり、喜んで噛んで食べています。
15 : 51 : 41 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》松寿仙での健康づくりは、1年1年実感できます
2014 / 03 / 26 ( Wed )
少し血圧が気になり、何か予防をしたいなと思った時に、身体によさそうだな…
飲みやすいな…と始めました。今では、毎日飲む事が日課となって3年近く経ち
ました。気になっていた血圧は安定してきました。何より今年の冬は雪がなかった
事もあるかも知れないけれど最低気温はいつもの平均より低かったと聞きましたが
「寒い」と思う事がなく家事をこなせた事に自分でも驚いています。
また、ここ数年は風邪を引くこともありません。これはやっぱりこれのお蔭かな?
と冬を越して改めて実感しています。脳梗塞を患い、軽い認知症の母も積極的に
飲んでくれて、このまま元気に過ごしてくれる事を願っています。
11 : 17 : 13 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》
2014 / 02 / 18 ( Tue )
75歳以上になると運転免許更新の為の認知機能検査と講習を受けなければなりません。
次の誕生日に79歳になるので今回は2回目の受講。要領はわかっていても受けるまでは
不安でした。16個の記憶の問題も全問正解!心配していた視野検査の結果は、なんと20代
並で、自分でも驚きました。これは、毎日「目と歯は戻らない」と実感してからア〇リ〇ンを
6粒サ〇ミ〇ンを2粒、朝晩1日2回続けて飲んでいる結果だと思いました。
飲んですぐ分かる効果ではないかもしれないが、こうやって続けることで衰えていく機能を
維持できているという事に満足と安心を感じています。
これを機により安全運転を心掛け、自分の健康維持にも自信を持って続けようを思いました。
00 : 03 : 32 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お客様の声 我が家の救急箱の必需品です
2013 / 08 / 24 ( Sat )
「サ〇ミ〇ンエ〇ス」との出会いは、虫刺されがきっかけだったと思います。
虫に刺され、腕がポンポンに腫れて慌てて「ほしの」に飛び込んで相談したら
腫れや痛みが治まるまで何度でもスプレーする事を勧められました。付ける
度にラクになって腫れも痛みもかゆみも見事に治っていきました。
或る時、膝が痛くなり又、相談したら「手の平にサメを付けて患部をによく
刷り込んで」と言われ、付けました。これもまた良くなり痛みがスーッと良く
なりました。あと、やけどもあとが残らない位までよくなりました。
なので、我が家の必需品なんです。
20 : 25 : 13 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》「バイオリンク顆粒」ってスゴイですよ!!
2013 / 07 / 09 ( Tue )
暑くなってきて、ダイエットの相談が増えてきました。
ダイエットで大切なのは、食事のバランス・解毒排泄・代謝UPです。そういう点から、
ダイエットの基本アイテムに「バ〇オ〇ンク」をオススメしていますが、最近は早く結果を
出す為に「バ〇オ〇ンク顆粒」を使われる方が増えてきました。その中で、Aさんは、「面倒な
ことは何もしたくない」と努力はしないと宣言して、体重グラフ日記とバ〇オ〇ンク顆粒を
毎食、食べる事と毎週チェックに通う事だけを約束してもらってスタートしました。3週間後
体重-4Kg体脂肪-5Kg順調に落ちています。Bさんも食事制限は続かないから絶対無理!
とバ〇オ〇ンク顆粒を始め、3週間後、体重-2.7Kg体脂肪-1.8Kgとそれぞれのペースで
結果を出しておられます!お客様の頑張りに刺激され、私もスイッチ入りました!
14 : 26 : 53 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》「骨密度が増えた」と言われました!
2013 / 06 / 30 ( Sun )
病院で治療を受けていても足腰の痛みが辛く、ほしの薬局に相談しました。
紹介されたのは、「カ〇〇タ」でした。元気な人なら、1月1セットと聞いていましたが、
始めの頃は、辛くて1日3回(10日で1セット)飲んでいました。2、3ヶ月目からは1日
2回(20日で1セット)になり、8ヶ月後位には1日1回でも大丈夫になってきました。
まもなく飲み始めて1年経つ頃、病院の骨粗鬆症の検査で骨密度の数字が上がっていま
した。10年来、骨粗鬆症の治療薬を飲んでいて一度も増えたことはありませんでした
ので、この結果には驚き、又、嬉しかったです

嬉しいご報告をありがとうございます。実は、骨密度が増えた症例は、他にもあります。
通常量では健康維持となりますが、1日2~3回を積極的に続けていただくと同様な報告
が届いています。「カ〇〇タ療法」は毎日の積み重ねでとても地味な療法ですが、続けると
確実に結果が出てきます。効果を実感するまでは、あせらず、あわてず、あきらめず・・・
11 : 25 : 25 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》視力が回復してきました!
2013 / 04 / 24 ( Wed )
急に視力が低下してきて、どうしたらいいか予防できるものはないかと相談しました。
始めに「ア〇リ〇ン」を紹介してもらい飲み始めました。目の疲れは、あまり感じなくなり
「効いているな…」とは思っていましたが、視力はまだスッキリしなく、「サ〇ミ〇ン」を
足して飲む事にしました。「ア〇リ〇ン」は、朝晩3粒ずつ、「サ〇ミ〇ン」は1日2粒。
サ〇ミ〇ンと一緒に飲みだして10ヶ月目、ガクンと落ちていた視力が最近の検診では
1.2と1.0まで回復していました。視力が回復して本当に嬉しいです。
11 : 09 : 16 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《お客様の声》毎年辛い 花粉症、今年はラクです!
2013 / 03 / 25 ( Mon )
「今年は、花粉の飛散量も多く黄砂やPM2.5の影響も加わって、花粉症は酷くなる」と報道
の通り、私の周りでも花粉症に初めてなった人や症状が酷い人が多いな…と思います。
私もいつもは、酷いのですが、今年は嬉しい事に、なんだかラクなのです。
自分で取り組んでいる事は、バイオリンクを毎日毎食、食べている事とケアピローサの
ハーブティを飲んでいる事。周りは既に辛そうな人が多いのに、悪いくらいにラクです。
あの辛さがないのは、本当に幸せです
17 : 39 : 54 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>