何事にも“食”が基本です。
2020 / 02 / 20 ( Thu )
昨今世間を騒がせている感染症関連の話を見聞きするたびに思う事が「対応策や治療法の確立も大変重要な事なのですが、まず先に自分の体がウィルスなどの外敵にやられない様、しっかり養生しなくてはすべてが片手落ちになってしまう」と言う事です。
そして、養生の中でも特に重要なのが“食”です。
今一度、自分の“食”を見直して、ちゃんとバランスの良い食事を摂っているか再確認したいですね。

私達の体は私達が食べた物で構成されています。バランスの良い食事、栄養がしっかり入っている食事を摂らないと本来のポテンシャルを発揮できません。 当店では、その食を見直すきっかけとなり、かつ現代食に不足しがちな栄養を豊富に含む物をご紹介しています。
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

店頭でのご相談は、日曜祝日を除く9:00~19:00まで、いつでも受け付けております。(ご予約を頂いた方がスムーズにご案内できます。)
℡(0766)52-6125


(こう輔)
09 : 42 : 49 | ほしの薬局のつぶやき | page top
最初のパック(3DMASK)で引き締ま
2020 / 02 / 19 ( Wed )
最初、「1回目のパック(3DMASK)で顔が引き締まるから」と言われたが、半信半疑だったそうです。 しかし、その日の午前中にエステをして、夕方に鏡を見たら、顔が上がり、目がキリっとして眉毛も上がっていて驚きました。
報告を受けて「超早で気づかれたのはKさんだけです」と、お伝えしました。
今までは夜のケアをして、翌朝に気づかれた(他の方に)場合が多かったのですが、ホントありがたいです。


(Lis miyako)
08 : 56 : 13 | スキンケア | page top
PWS味噌作りを2・11(祝)に開催致しました。
2020 / 02 / 13 ( Thu )
 今回、《リスブラン》の担当者さんが、早朝にダイズを煮て山梨からお越しくださいました。
OPIC8950.jpg
RIVP4550.jpg
 お昼ごろに到着され、テ-ブルセッティングしながら、じんわり温かい大豆、麹やお塩、他の材料や大きな調理器具を並べてわくわくしていました。 先に、米麹と麦麹とお塩を大きなボ-ルに入れ混ぜ合わせていきます。 麹をボ-ルに開けたところで、懐かしいニオイが空気中に漂っていました。 しばらくザックザックと混ぜます。 途中塊があったのでパラパラとしながら。 終えると、指の節が赤くなっていました。

FQAL4471.jpg
MJJI7844.jpg
SRFM0914.jpg
JFMS3370.jpg
 次に煮てあるダイズをつぶしていくのですが、とても力がいります。全体重をかけて4キロのダイズをつぶすのですが、だんだん無口になっていきます。そう必死です。かなり時間がかかりました。そのダイズを麹とお塩のボ-ルにあけて、途中煮汁を入れて、柔らかくします。こねてこねて団子状態から、ボーンと桶に野球の球を投げ入れるくらいの速さの勢いです。キレイに桶に敷き並べて、最後はお塩をまぶします。文章にすると短いですが、普段頂くお味噌も感謝して頂かなきゃ、と思いました。

JOUT8103.jpg
ARTA1210.jpg
《リスブラン》の五味さんが、マイナス6度の地、女取湧水より汲んで来て下さりました。天然のPWS水は『美味しい~』とお客さまにも味わって頂きました。

お水にこだわり、ダイズ、麹にこだわり、みんなで作ったお味噌は半年後に食するのが楽しみです。
お客様の声よりイベントとなりました『第一回お味噌作り』は無事成功となりました。ご協力ありがとうございました。


(Lis miyako)
18 : 43 : 49 | ほしの薬局のつぶやき | page top
《お知らせ》本日より半期に一度の【バイオリンク】キャンペーン開催です。
2020 / 02 / 12 ( Wed )
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
09 : 39 : 34 | ほしの薬局のつぶやき | page top
出汁をとるにもPWS水から
2020 / 02 / 10 ( Mon )
先日夕飯をお鍋にしようと思い、魚を買ってきました。
ボ-ルにPWS水を入れて、魚をくぐらせました。
汚れもでて、ニオイも気にならず、食べると身もふっくっら。
出汁をとるにもPWS水から。よ-く味がしみて美味しくなりました。
この季節はお鍋が美味しいですね。冬野菜も甘~く感じます。
最近は、ぬか漬けにもはまっていまして。畑のとれたて野菜を
漬けたりして、楽しんでいます。
毎日の事ですが、作れる、食べれるって幸せです。


(Lis miyako)
09 : 25 : 16 | スキンケア | page top
今年は雪がなかなか降らなかったせいか、乾燥さんが多いです。
2020 / 02 / 08 ( Sat )
 身体の乾燥で、掻いて傷を作っている方が多いのと、慢性化でお薬を過去から使っていて、色素沈着で黒ずみが気になるお肌の方が多いです。
 そんな肌には、【ノンEバスソルト】がおすすめです。 このバスソルトでお風呂がまろやかになり、チクチクお湯が痒くなったり痛くならなく、日中も楽とお話があります。 お風呂上りは、しっとりして何か覆われているような感じ、とも言われました。 超敏感肌の方は、リピ-トがあるので直接お伺いすると、肌が楽みたいとご家族の方からもお話しありました。
 依然から花嫁さんや、沐浴にとオススメしていましたが、お客様から『新商品?』ともお尋ねされる事もありました・・・「いいえ前からあります・・・」とお応えしています。 私たちの努力不足です。

 良い商品が沢山あるリスブランは、困りごとがある場合はいつでもご相談下さい。一緒に解決方法のアイテムを選ばせて頂きます。


(Lis miyako)
11 : 16 : 01 | スキンケア | page top
“おしっこのお悩み”がスッキリした
2020 / 02 / 06 ( Thu )
 「おしっこをしたい」と思ってトイレに行ってもスッキリ出なくて、何度もトイレに行って、夜も十分寝た気がしないとご相談されたFさん。
 始めは、排尿痛もあったので漢方薬Aをお渡ししましたが、傷みがなくなった後も、スッキリしない症状がまだ残っているとの事で、処方を替え漢方薬Bで対応しました。 3日後にFさんがご来店された際に「とてもスッキリした。こんなにピタっと効くなんて!」と嬉しそうにご報告下さいました。Fさんは【ユリーヌ】と【忘憂歓】も続けておられたので、その相乗効果もあったように感じます。 
 相談しづらい悩みですが、お困りの方は勇気をだしてご相談下さい。 外出時にも氣にならなくなったと喜ばれています。

09 : 44 : 43 | お客様の声 | page top
やっと冬景色です
2020 / 02 / 06 ( Thu )
r02020601.jpg
 今年初の雪かきをしました。もう2月6日ですが、やっと冬景色です。 しかし来週にはすぐ暖かくなる様で、短い冬になりそうです(今年は本当に雪が少ないですね)。
 寒い朝は布団が恋しくなります。 起きなければと思っていても体が中々言う事を聞いてくれない経験は誰にもあると思います。そんな時は【サメミロン】がおすすめです。

おすすめの理由はコチラ↓
会員限定ページ(12P~13P)

店頭でのご相談は、日曜祝日を除く9:00~19:00まで、いつでも受け付けております。(ご予約を頂いた方がスムーズにご案内できます。)
℡(0766)52-6125


(こう輔)
09 : 40 : 54 | ほしの薬局のつぶやき | page top
【ノンEバスソルト】をご紹介します
2020 / 02 / 05 ( Wed )
はやくて10月ごろから、身体のかゆみ、粉ふきさんの話が出てきていました。2月になった今も、その声は多く聞かれます。
リスブランはお水に着目していますが、家族全員でPWSの技術を
認識して頂けるよう、【ノンEバスソルト】をご紹介します。
この商品は生命が誕生した原始の海と同じバランスで配合された
ミネラル成分の入浴剤です。お風呂の中でケアができ、背中や手の届きにくい患部にも触れるので、化粧水のお風呂みたいと言われます。沐浴から子供さん大人の慢性化した炎症肌にも使用されています。お湯だけの刺激からも守ってくれます。「かゆみの軽減」「キズ跡にさせたくない」肌は、是非おすすめします。


(Lis miyako)


08 : 52 : 32 | スキンケア | page top
《子宝・子育て》~ 今月排卵する「卵子の年齢」は何歳? ~
2020 / 02 / 04 ( Tue )

 女性はお母さんのお腹の中にいる時に、生涯排卵する“卵子の赤ちゃん(原始卵胞)”をもらって生まれてきます。 卵子は女性の“実年齢プラス1歳”年を重ねています。 つまり35歳の女性が排卵する卵子は、“35プラス1歳”という事です。 また、卵子は新たに補充される事がないので、年齢を重ねる毎にその数は減っていきます。
胎児期6ヵ月頃が最多の700万個、出生時には200万個、初潮を迎える頃には約40万個になって、それからは毎月1000個ほどの原始卵胞が成長し、その中の一番成長の速い優秀な1個の卵胞から卵子が排卵され、他の卵胞は自然消失していきます。 

 年齢が上がると同時に、卵子も年を重ね数も少なくなります。 これが、妊娠力が下がる大きな理由の一つです。 しかし、卵子の年齢が進み、数が少なくなっても、これから排卵する卵子の生殖能力が高く、元氣であれば、健康な赤ちゃんと巡り合う事ができます。
 実際当店の子宝相談では、卵子を元氣にする方法や、子宮をきれいにする方法を取り入れる事で“妊娠力”を高め、懐妊・出産された30代後半~40代の方が多数いらっしゃいます。 生まれてきてくれたお子様やお母様達も元気です。

 病院の治療をステップアップしていく時にも、卵子の質を良くする事や子宮の環境を良くする事は、元氣な赤ちゃんと巡り合う為にとても大切なことです。 女の子を妊娠した時、その子と、その子が将来出産する子(=孫) までも、母親の影響を少なからず受けているということですね。 からだづくりの大切さを再発見します。
08 : 39 : 38 | 子宝・子育てあれこれ | page top
| ホーム | 次のページ>>