《お客様の声》
2018 / 06 / 18 ( Mon )
・今年は寒暖の差が大きく私の身体は4月頃から「疲れる、だるい、痛い…」と悲鳴を
上げていました。ほしのさんから毎月届けて下さる5月号の健康情報を読ませて頂き
「ひょっとして『酸欠』かも!?」とサメミロンを空腹時に5粒噛んで続けてみたところ、
少しずつ改善されて喜んでいます。 これからも毎月届けて下さる情報をすみずみ
まで読まさせて頂きます。             (頂いたお手紙 原文のまま)

・夜中に目が覚めてなかなかぐっすり眠れなく困っていたところ、ほしのさんからの
 お便り中に「しっかり眠れないのは脳の酸欠」と書いてあり、早速、サメミロンと忘憂
 歓を飲み始めたところ、気持ちよく朝、目覚めるようになりました。気持ちもからだも
 元気になってきたようで、家事もやる気が出てきました。もう少し続けて飲んでみます。
10 : 13 : 53 | お客様の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《健康情報》心とからだに「ハッピーすいっち」入れてみよう!
2018 / 06 / 02 ( Sat )
一日が始まる朝。今朝はどんな気分で目覚めましたか?
そして、朝一番に発した言葉は?「うわぁ!寝過ごした!」「もう、起きなきゃ!!」
「よし!!」「おはよう!!」朝の目覚めの瞬間は「ACTH」というホルモンが脳幹から作動
して、体を覚醒させようとしています。体中の細胞をシャキッと目覚めさせてくれる
ホルモンなので、適度に分泌されていると爽快な目覚めがもたらされます。
ちょっと寝不足、体調が悪い、前の日嫌な事があった、悪い夢を見た、目覚まし
時計などで無理矢理起こされたなど、いろいろな朝があっても体を起こす前に
ぐ~んと手足を伸ばして、「おはよう」「今日も元氣!」「頑張ろう!」ポジティブな
言葉でスタートする事を意識してみませんか?朝起きた時から、最初に口を開く
までを意識して過ごせば、きっと素敵な言葉で一日をスタートさせる事ができる
はず・・・そんな素敵な事を「ハッピーすいっち」という本に書いてありました。
元気な朝も、ちょっと元気の出ない朝も意識してみたいな…と思いました。
 私事ですが、この度「捕食管理指導士(サプリメントアドバイザリースタッフ)の資格を
取得しました。みなさんに健康に繋がる情報をこれからも提供できるように
研鑚を重ねたいと思います。
09 : 23 : 00 | 健康情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
≪HP更新情報≫「酸欠」ページが新たにUPされました。
2018 / 05 / 30 ( Wed )
ホームページに新しく「酸欠」コーナーが出来ました。
「なにやら調子がおかしい」「てきない」「ちゃんと対策しているのに、なんで?」と思いの方、ぜひ一度ご覧ください。

『酸 欠』
11 : 09 : 00 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
《健康情報》あなたのその症状、ひょっとして「酸欠」かも!?
2018 / 04 / 24 ( Tue )
私達は、おギャーと生まれた時から一生を終えるまで呼吸をして酸素を体内に
取り入れています。私達の細胞は、酸素がないと働くことができなくなります。
酸素は、体の中に溜めておく事ができないので、足りなくなると様々な症状が
現れます。眠気、あくび、しびれ、痛み、息切れ、てきない、頭痛、集中力の低下など…
 細菌学者で、黄熱病や梅毒の研究で知られる野口英世博士は「人間の病気、体内の
痛みというものは、細胞が酸欠で死んでしまうから起こるものだ。だからまず酸欠を
治す事が大切なのだ。体内に酸素を送ってやるのは赤血球中のヘモグロビンである。
だから、ヘモグロビンの代替品を探せ!」という提言をされたそうです。
 人間の赤血球中のヘモグロビン量は50歳を超える頃になると25歳頃の70%位まで
減少すると言われています。加齢だけでなく、人は、様々な環境や体質で酸欠状態に
陥ります。 赤血球を元気にして、血液の巡りを良くする事がまず基本ですが、更に
もう一歩積極的な対策として、いつでも起こりうる酸欠対策にサメミロンをプラス
する事で、自覚症状の改善や予防ができます。詳しくはご相談下さい。
09 : 02 : 22 | 健康情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
HPに新しいページができました!
2018 / 04 / 05 ( Thu )
スキンケアのページが新しくできましたので、是非、ご覧ください。
スキンケアページのURL↓
http://www.hoshi-co.jp/skincare.html
16 : 12 : 33 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>